在学中起業のすゝめ

白石伸生、江副浩正など著名人をご紹介

*

Facebookの生みの親 マーク・ザッカーバーグ

      2017/07/26

海外の偉大な企業家の条件としては現在保有する資産だけでなく、
どれだけ世界の人々に良い影響を与えているかという点が重視されます。
その世界の人々に良い影響を与えているという条件を持つ人で、
海外の偉大な企業家として挙げられる人物の一人がマーク・ザッカーバーグです。

マーク・ザッカーバーグはニューヨーク州ウェストチェスター郡生まれで、
その資産は2016年のフォーブスで総資産約446億ドルで世界6位となり最年少でのトップ10入りを果たしています。
なぜマーク・ザッカーバーグが海外の偉大な企業家といわれるようになったのかというと、
それは現在では当たり前のように使われている情報端末のアプリケーション機能を作り上げた人物だからです。
そのアプリケーションというのがフェイスブックであり、
フェイスブックは登録することによって画像や文章をリアルタイムで発信することができて登録した人と共有できるアプリケーションのことです。

マーク・ザッカーバーグは大学在学中に大学のパソコンを使ってフェイスブックの原型となるアプリケーションと専用サイトを開設したのです。
しかし学校関係でパソコンが普及し始めていた時代であるとともに、
フェイスブックの理念は最先端であり過ぎたことで理解されず大学側から個人情報の流出させる物と認定され使用の禁止を言い渡されたのです

しかし使用禁止に至る前のフェイスブックの原型は生徒同士の情報の共有が好まれることで利用者数が伸びていたこともあり、
これを学校内だけでなく社会全体に広めればよりよい情報共有によって恩恵を受ける人が増える自信がついたのです。
そこでマーク・ザッカーバーグは大学の停学中にフェイスブックの原型の可能性を共有していた大学内の同士と一緒に事業を立ち上げる準備をします。
それが現在世界中で利用者数が兆の数を超える人数で利用されているフェイスブックです。
このフェイスブックができたことによって様々な規則や時間にとらわれず、国内外の人々とリアルタイムの情報を共有できるようになったのです。

 - 未分類