在学中起業のすゝめ

白石伸生、江副浩正など著名人をご紹介

*

ドロップボックスの設立者 アラシュ・フェルドウシー

      2017/07/26

アラシュ・フェルドウシーは海外の偉大な企業家の一人です。
アラシュ・フェルドウシー はドロップボックスの設立者です。
ドロップボックスはオンラインストレージサービスで、
オンラインストレージとローカルにある複数のコンピューターとの間において「データーの共有と同期を可能にするサービス」です。
このドロップボックスを設立したのがアラシュ・フェルドウシーです。

ドロップボックスを立ち上げたのが2007年で、
世界的有名大学の一つ「マサチューセッツ工科大学」に在学していた際にドリュー・ヒューストンと共にドロップボックスを設立しました。
学生の頃にこのドロップボックスを設立した事も凄いですが、このドロップボックスは評判が良く2008年にサービスを開始した後に、
ドロップボックスの「どこでも簡単にファイルの保存や同期を可能」とするサービスがヒットして瞬く間にユーザーは増加して行きました。
2013年にはユーザー数が1億7千5百万人を超え、
10億以上のファイル・写真・ビデオ等を共有する規模になり、アラシュ・フェルドウシーは若くして莫大な資産を形成するに至りました。

ドロップボックスの成功の秘訣は「複雑なサービスを分かりやすく伝える創意工夫」だとされていますが、
この点を考え実行したのがアラシュ・フェルドウシーです。
彼は、サービスを提供する際に解説にイラストやアニメーションを使用した事により
ユーザーは複雑なサービスをより分かりやすく理解する事が出来き、ドロップボックスはより多くの支持を得る事が出来ました

アラシュ・フェルドウシーはドロップボックスをただ同期する為のサービスとは考えず
ユーザーエクスペリエンス(製品・サービスを使用する際の印象等)を高める事がユーザー獲得の為に必要不可欠な事だと考えて、
そして、ユーザーの立場でサービスをいかに良いサービスにするかを考えました。
この顧客目線に徹した事が簡単で出来そうでも無い事です。
アラシュ・フェルドウシーは有名な経済紙フォーブスにおいて、
0歳以下の富豪企業家40人に選出されるレベルの莫大な資産を短期間で作り出した世界的な偉大な企業家です。

 - 未分類