在学中起業のすゝめ

白石伸生、江副浩正など著名人をご紹介

*

在学企業の失敗例

      2017/07/26

大学生活を送っている人の多くは、在学中に就職活動をして卒業をしたら内定をもらった会社に就職をして働きますが、
すべての人がそうしているわけではありません
在学中に就職活動をすることなく起業をする人もいますので、就職をせずに自分の会社をもって働き始める人もいます。
在学中に企業をして大成功した例はたくさんありますが、必ずしも成功できるわけではありません
とりあえず儲かりそうな仕事を考えたからと、軽い考えで起業をしても失敗に終わりますので、せっかくの努力が無駄になります。

失敗例としては、誰と一緒に起業をするかが大切ですので、人選を誤ってはいけません。
1人で起業をしても大変だからという理由だけで、志が低い相手と一緒に仕事を始めてもうまく行きにくいため、
本当にその仕事と真剣に向き合ってくれる相手でなければ失敗をしやすくなります。

失敗例としては、とりあえず身近で手の空いている人を人選し一緒に始めると、仕事に対しての知識がないだけではなく意見の衝突が起きたり、
すべてを自分一人で抱え込むことになり、思うように経営が出来ずに失敗する例があります。
知識ややる気がない相手と一緒に始めたとしても、真剣に取り組んでもらう事が出来ずに相談をする事も出来ません。
困難にぶち当たった時に、どれだけ一緒に頑張ってくれる相手なのかを見極めて起業をしなければ失敗しやすいですので、廃業せざるを得なくなります。
廃業をしたとしても、借金が残ってしまったり就職先が見つからなければその後の人生に影響が出てくることになるので、起業には慎重にならざるを得ません
在学中であれば若さという武器がありますので、様々な事に挑戦していく事が出来、勢いに乗って成功をおさめる人もいます。
しかしあまりにも無謀な挑戦をしていけば失敗を生むことになりますので、
勢いだけで成功はつかめないと頭に入れておくことが必要ですし、失敗例から学ぶ事で成功を導きやすくなります

 - 未分類