在学中起業のすゝめ

白石伸生、江副浩正など著名人をご紹介

*

会社を創り・育て・放すを繰り返す風雲児

      2017/08/25

突然ですが、クイズです。
以下の会社やブランドに共通することは何でしょうか?
・女性に好評のブライダルジュエリー専門店「アイプリモ」運営の「プリモ・ジャパン」
・ペットがいる方には知名度抜群の保険「アイペット損害保険」
・高利回りで人気のソーシャルレンディング「みんなのクレジット」

答え:白石伸生(しらいしのぶお)が創業者

白石は早稲田大学在学中に会社を興し、これまでに10社ほど設立しています。
それらの会社の行く末は、上場を果たしたり、倒産したり、M&Aにより譲渡したり
…まさに“人生いろいろ”

起業家には2つのタイプがあります。
我が子同然の創業会社へ惜しみない愛を注いで大きく育てるタイプと、
創立時には注力して育成するが安定した途端もしくは危機を迎えた際に会社を手放して、
また新しい会社を興すタイプ。
前者は通常のアントレプレナーですが、後者はシリアルアントレプレナーといい、
続けて何度も新しい会社や事業を立ち上げる起業家のことを指します。

日本には白石のようなシリアルアントレプレナーは少ないのですが、
海外に目を向けるとスティーブ・ジョブズ、リチャード・ブランソンなど
枚挙にいとまがないほどで、ヴァージングループの総帥ブランソン曰く
「とりあえずやってみて、失敗から学ぶべきだ」

白石も、起業・育成・売却を繰り返し、失敗し成功し、
それら様々な経験が血となり肉となり、次の事業へ生かしていく。
創った会社に対して必要以上の情を持たない
――成功するシリアルアントレプレナーは日本人には少ない思考性を有し、
好奇心旺盛で次から次へとアイデアが湧いてくるのでしょう。
そして、具現化していくのです。
悪く言えば、“創っては見捨てる”印象が強く、
至るところで顰蹙を買い、起業を重ねるごとにダウンするイメージ。
だから? 
そう、人からなんと言われようが図太く突き進むことができるのが、白石の強み。
感情に流されるウェットな人間より、
失敗を次の糧にするようなドライで貪欲な人間のほうが、
ビジネスパーソンとして信頼できるのではないでしょうか。

 - 未分類